Blogブログ

二次カリエス

二次カリエス(二次う蝕)

聞きなれない言葉かもしれませんが
カリエスとは、虫歯のことで
二次カリエスとは
⼀度治療した⻭にできる、二回目の虫歯です
上の写真で
詰め物のキワに黒い影があるのがわかると思います
なぜそのようなことがおこるのか︖
⼆次カリエスの主な原因として
・清掃不良
お⼝の中の衛⽣状態によって
⾍⻭の再発リスクは変わってきます
虫歯は歯と歯の間にできることが多いので
歯ブラシだけでなくフロスや歯間ブラシもオススメです
・食生活(だらだら食べ、だらだら飲み)
頻回に飲食していると⾍⻭ができやすく
再発リスクもかなり⾼くなります
水やお茶、キシリトールのガムなどは
虫歯の原因にはなりませんが
それ以外の食べ物、飲み物は
ほとんど虫歯の原因になります
 甘いコーヒーや紅茶をよく飲む方
のど飴をよくなめる方は要注意です
それらが虫歯の原因になっている
という認識が薄いことが多いです
・詰め物の材料の劣化と性質
詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)
のような⼈⼯物と、⻭との間には
隙間がないように⾒えても
どうしても継ぎ目が存在します
⼈⼯物そのものが劣化すると
その部分から隙間ができ
細菌が侵⼊してしまいます
 インレー、クラウンを歯につけるセメントも
劣化して隙間ができます
また保険適⽤の⾦属やプラスチックの詰め物は
垢(プラーク)をくっつけやすい性質があったり
そもそも歯への適合精度が高くないものもあります
いろいろな要因が組み合わさることで
再発リスクは⾼くなりますが
やはり治療後は⻑くいい状態を保ちたいものです
 同じ歯への治療の4~5回目は抜歯
というデータもあります
詰め物が長く持ち、生涯にわたって
治療の回数を減らすことは重要です
 治療することになった際には
詰め物の種類の選択など
い目でみて虫歯になりにくい物を
取り⼊れてみてはどうでしょう
しばらく歯医者に行ってないな
という方は一度検診にお越し下さい
二次カリエスは詰め物の下にできるので
目視ではほんとうに分かりにくいです
定期検診時も年に1回は
レントゲンを撮ることを勧めています
健康な歯での食事は何よりもの幸せです
⽇頃のケアを第⼀に、⻭を⼤切にしましょう

院内研修

歯周外科、インプラント、再生療法、歯肉移植、伊丹、歯医者

豚の下アゴを使って

歯周外科の院内研修をしました。

歯磨きや歯石取りだけでは治らない歯周病には

歯ぐきを切開して深い部分のお掃除をしたり

条件は限られますが、失われた骨を再生療法で回復させたりします。

 

またあるときは歯ぐきが下がったところに歯肉移植をしたり。

もしくは歯がないところにインプラントをしたり。

 

虫歯が深くて、歯ぐきの中まで入り込んでいる場合も

すべての虫歯を取りきり詰め物をする為に

歯周外科が必要になることもあります。

 

歯医者では虫歯を削るだけではなく

歯ぐきの処置も高いレベルで精密に行なうことが必要とされています。

 

日々の仕事も常に向上心を持って楽しみたいものです

お盆期間の休診日

8/13~16は休診とさせていただきます。

ご予約、変更等は予約メールフォームにて受け付けております。
8/17(月)に当院より連絡させていただき、日時の確定を致します。

by植物のある伊丹の歯医者 予防・矯正・インプラント・小児

院内の花の紹介

先の方、しょんぼりし始めた

チランジア

調べた花言葉

「不屈」

惚れてまうやろ

チランジア by伊丹市の歯医者